大人 ADHD 遺伝

大人のADHDは子供に遺伝してしまうの!?どれくらいの確率で遺伝する?

ADHDは子供に遺伝してしまう?

 

自分が大人になってからADHDと診断されてしまった場合、これから結婚して子供が欲しいと思うと自分の子供にもADHDが遺伝してしまうのではないかと心配されている方も多いですよね。

 

ADHDだからといってデメリットばかりではありませんが、やはり学校生活や社会生活を送る中で辛いことも多く経験するでしょうし、もし自分の子供が辛い目にあってしまったら…と不安な気持ちになるでしょう。

 

でもやっぱり好きな人と結婚し、幸せな家庭を作る上で、子供が欲しいという気持ちは当然です。

 

もし親がADHDの場合、どれくらいの確率で遺伝してしまうものなのでしょうか?

 

 

両親どちらかがADHDの場合の遺伝率は?

 

父親か母親どちらかがADHDだと、子供に遺伝する確率は約50%と言われています。

 

そのため、子供ができると半分の確率でADHDに遺伝することになるので、なかなか高確率で遺伝してしまうようですね…

 

ADHDの原因は全てが遺伝と決まっているわけではなく、遺伝も関係はしていますが、生活環境などによってもADHDを発症するので、一概に遺伝のせいと決めつけることができません。

 

そのため、単に親がADHDなので遺伝するわけではないのです。

 

 

兄弟で遺伝することはあるの?

 

親がADHDだからといって子供が全員ADHDになるとは限りません。

 

ただし、比較的に親や親せきにADHDを発症している家族がいない家庭と比べると、ADHDの確率は高まると言われています。

 

アメリカの研究結果によると、双子だったとしても一人はADHDなのに対し、もう一人はADHDでない場合も多く見受けられるそうです。

 

 

遺伝ではなく家族性?

 

アメリカの研究結果によると、ADHDの多くは遺伝ではなく、家族性だと認知されているようです。

 

遺伝と家族性でどんな違いがあるのでしょうか?

 

ADHDは脳機能に偏りがあることから、遺伝だと決めつけることはできません。

 

しかし、遺伝しやすい体質+家庭環境がADHDには大きく影響されるので、遺伝よりも家族性が適切だと言われています。

 

例えば祖父や祖母、親が動脈硬化や高血圧などになりやすいと、その子供も同じような病気を発症しやすいと同じことですね。

 

 

妊娠中にADHDか検査する方法は見つかっていない

 

妊娠してから出産する前に自分の子供がADHDか検査することができれば、今後どのように生活していけばいいのか、知識をつけていくなど対策をとることができますよね。

 

しかし、今のところ妊娠中に子供がADHDか診断する方法はまだ見つかっていません…

 

ADHDは脳機能の働きは原因なので、見た目だけではわかりづらく、出産してからもADHDの兆候が出始めるのが2歳頃、診断できるのは個人差がありますが、大体小学校入る前あたりにADHDの診断をすることができます。

 

それも専門機関で何度も専門医とカウンセリングを受けてからでないと診断することができません。

 

 

間違えやすい?親がADHDだからといって遺伝だけが原因ではない

 

親がADHDだと、自分の子供がじっとすることができない、最後まで人の話を聞くことができない、忘れ物が多い、危険なところでも飛び出してしまう、友達と仲良く遊ぶことができないとすぐにADHDが遺伝してしまっているからかもしれないと思い込んでしまうことが多いです。

 

しかし、ADHDの症状は多くの子供に多少は見受けられる症状なので、自己判断でADHDだと決めつけるのは絶対に止めましょう。

 

 

ADHDはまだ解明されていないことが多く、ADHDの症状があるからといってすぐに遺伝だと診断することはできません。

 

自分の子供がADHDに遺伝しているのでは?と不安な方はまずはADHDのセルフチェックリストを行い、当てはまる項目が多いのであれば、専門機関で相談してみましょう。

 

発達障害支援センターや児童相談所などで、まずは気軽な気持ちで悩みを話してみてはいかがでしょうか?